HOME > 学科紹介 > リハビリテーション学科

リハビリテーション学科Rehabilitation 理学療法学科専攻 昼間主コース/理学療法学科専攻 夜間主コース/作業療法学専攻

3年制 定員160名 男・女

お知らせ

授業紹介〜基礎作業学T〜
2016.08.22

授業紹介〜基礎作業学T〜

記事を読む
就職ガイダンスを開催しました
2016.08.04

就職ガイダンスを開催しました

記事を読む
授業紹介 【作業療法学専攻】
2016.06.23

授業紹介 【作業療法学専攻】

記事を読む
リハビリテーション学科長町キャンパス 新校舎建設中
2016.06.14

リハビリテーション学科長町キャンパス 新校舎建設中

記事を読む

学科紹介

「人間と向き合う仕事」にふさわしい教養、
知識、技術をもったリハビリテーションの専門職に。

身体に障害のある人に運動療法や物理療法などを用いて、座る・立つ・歩くなどの基本的動作能力の回復や維持を図る「理学療法士」、身体または精神に障害のある人にさまざまな作業と活動を用いて応用動作能力及び社会的適応能力の回復を図る「作業療法士」。それらの資格を取得するために、最短の3年間で高い専門性を身につけた理学療法士・作業療法士を育成するのが、本学科の大きな特徴です。急速に進展する高齢社会にあって、リハビリテーションの専門職の活躍は、さまざまな分野から切望されています。社会の現状を鑑み、「人と向き合う仕事」にふさわしい教養と、豊かな人間性を身につけた人材を育成します。

アドミッションポリシー

  1. さまざまな背景をもつ人々を理解し、誠実な心で接することのできる学生。
  2. 生命の尊厳を理解し、命と健康を大切にできる学生。
  3. 生涯にわたり学び、成長し続ける意志をもった学生。

教育目標

  1. 人間愛の精神に基づき、さまざまな文化的・社会的背景をもつ人々を理解・共感し、誠実な心で接することのできる態度を養う。
  2. 生命の尊厳を理解し、対象の人権の擁護者としての倫理観を身につける。
  3. 社会や地域特性に応じたリハビリテーションの機能と役割、保健・医療・福祉チームの中で果たす役割をともに理解し、責任を担う姿勢を養う。
  4. 医療従事者として自己評価ができ、生涯にわたり自己の人間形成をはかりながら自主的・自立的な行動ができ、専門職業人として成長し続けられるための能力を養う。

取得できる資格

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 作業療法士国家試験受験資格

取得できる学位

  • 短期大学士(理学療法学)
  • 短期大学士(作業療法学)

活躍の場

  • 病院
  • 診療所(クリニック)
  • 介護老人保健施設
  • 通所リハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション
  • リハビリテーション支援センター
  • 訪問看護ステーション
  • 保健所/保健センター
  • 教育/研究